パソコン・ガジェット

初心者による内蔵BD(ブルーレイ)ドライブ増設・交換【画像付】手順

bd-customized

こんにちは、そら(@15sora30)です。

いいディスプレイ・いいスピーカーを使っていることもあって、

テレビよりもPCでブルーレイを観たかったので初心者ながらDVDドライブをBDドライブに換装しました。

初心者の私でも簡単に出来たので【画像付き】手順で分かりやすく説明します。

自宅映画・海外ドラマ鑑賞におすすめPCスピーカー『Bose Companion 20』   //   おすすめのPCスピーカー『Bose Companion 20 multi speaker system』をレビュー!...

初心者によるBD(ブルーレイ)ドライブ増設・換装・交換のやり方

f:id:sora1530:20180717204713j:plain

私が使っているPCはツールレス設計になっているのでねじ止めがありませんが、

ねじ止めが必要な工程も説明していきます。

ブルーレイ換装に必要なもの

BD増設に必要なものリスト
  • 内蔵型ブルーレイドライブ
  • SATAケーブル(換装の場合不要
  • インチねじ(換装の場合不要
  • プラスドライバー(ツールレス設計の場合不要

付属していたDVDドライブをBDドライブに換装する場合、

もしくは付属していたBDドライブを新たなBDドライブに換装する場合は、

SATAケーブル、インチねじの2つは既存のものを流用できるので基本的に不要。

f:id:sora1530:20180717195148j:plain

今回私が購入したのはこちらの商品です。

 

ブルーレイ換装準備 : 場所の確認

f:id:sora1530:20180715195839j:plain

電源を切り、ケースを開けてBDドライブがある位置を確認します。

ここにケーブルが2つささっています。

分かりにくいので次のステップで拡大写真を掲載します。

 

DVDドライブ(既存の光学ドライブ)を取り出す(交換)

f:id:sora1530:20180715195823j:plain

DVDドライブに

  • SATAケーブル
  • 電源ケーブル

の2つが接続されているので両方とも抜きます。

今回既存のDVDドライブをBDドライブに換装するだけなので、

今見ている一端だけを抜けばOKです。

(マザーボードのほうは挿したままでよい)

 

f:id:sora1530:20180715195812j:plain

DVDドライブを固定しているネジを外します。

※ネジは対角順に外していきます。

分からない方はこちらを参考に⇒

HDDの固定・設置(リンク先少し下)

上記画像ではドライブを2つ重ねていて、

上 : BDドライブ(新たに取り付ける)

下 : DVDドライブ(今回外したもの)

となっていて、

大きさが違うのが見て取れると思いますが、基本的にネジ穴の位置は同じなので問題ありません。

(私のようにツールレス設計だとネジによる固定ではないのでネジを外す工程はありません。)

 

f:id:sora1530:20180717195138j:plain

ネジを外したらDVDドライブを前方へ引き抜きます。

これで取り外し工程は終わりになります。

あとはこれを逆順で入れ替えるだけ。

 

BD(ブルーレイ)ドライブを取り付ける(増設・交換)

f:id:sora1530:20180717195132j:plain

差し込んでネジ止め(ツールレスなら不要)

ネジ止めをする時も外すときと同じように対角線順に止めていきます。

止める時のポイントは、

最初、順番に軽く止めて固定してからきっちり締めるとなお良し。

 

f:id:sora1530:20180717195126j:plain

BDドライブがDVDドライブよりも大きくて少しはみ出ていますが、

マザーボード等に干渉していなければ問題ありません。

 

f:id:sora1530:20180715195823j:plain

SATAケーブルと電源ケーブルを差したら終わり。

ケースを閉じて電源をONして、

PC側で認識出来ていれば無事終了となります。

 

おわりに:初心者による内蔵BD(ブルーレイ)ドライブ増設・交換【画像付】手順

 

4Kも普及しつつあり、

大ヒット映画ともなると4K UHD版が販売されるので4K対応BDドライブも考えました。

 

しかも安価なUHD再生機器として有名なXbox One Sの半額以下で買えます。

ただ、4Kを再生しようとするとディスプレイも4K対応のものを用意しなければなりません。

8Kが出たら8Kのテレビ買いたいなぁ

(今はとても手が出せる値段ではありません…100万円越え)

と考えているので4Kは見送ることにしました。

というか、

BDの書き込みも出来て7000円っていう安さが一番の決め手でしたね。