知ってると役立つ知識

本場中国の餃子はニンニクが入っていない

f:id:sora1530:20190315202346j:plain

 

こんにちは、そら(@15sora30)です。

中華料理の中でも誰もが大好きな料理と言えば「餃子」ですよね。

ただでさえおいしい餃子ですが、ニンニクたっぷりの餃子はさらにワンランク上の幸せが味わえます。

もはや餃子とニンニクは切っても切れない関係です。

しかし、本場中国の人たちは餃子にニンニクを入れません。

ニンニク入り餃子は日本独自のもの。

ではなぜ日本の餃子にはニンニクが入っているのでしょうか?

日本で最初に餃子を持ち込んだ人物

f:id:sora1530:20190312205137p:plain

日本の餃子にニンニクが入っている理由、その答えは日本初の餃子が関係しています。

そもそも本場中国から餃子を持ち帰って日本で広めたのは兵士。

第二次世界大戦後、中国から引き揚げてきた人々が餃子を広めたと言われています。

では日本に餃子が持ち込まれた当初、日本初の餃子の餡は何で出来ていたか。

日本に餃子が持ち込まれたときの餡は羊肉

f:id:sora1530:20190314210034p:plain

餃子が日本に持ち込まれる以前から満州(中国東北部)では餃子の餡に羊肉が使われていました。

豚が育ちにくかったから

そのため当然餃子が日本に広まった当初の餃子の餡は羊肉。

それも年老いた品質の低い羊のお肉を使っていました。

羊肉独特の臭みはきっと今売られているマトンよりもきつかったのでしょう。

ニンニクは臭み取り

f:id:sora1530:20190312210427p:plain

そんなわけで低品質な羊肉の臭みを消すため、臭み取りとしてニンニクを入れるようになり、それが定着して

餃子=ニンニク

餃子にニンニクが入っているのは当たり前になりました。

餃子とニンニクの愛称は抜群ですし!

本場中国で焼き餃子は珍しい

また、中国で「餃子」といえば「水餃子」や「蒸し餃子」がスタンダード。

食卓に「焼き餃子」が並ぶことは珍しいんだとか。

日本でポピュラーな「餃子」と本場中国でポピュラーな「餃子」は全くの別物で、日本の「餃子」は日本独自の食文化ということなのです。

ナポリタン的な?

おわりに:本場中国の餃子はニンニクが入っていない

f:id:sora1530:20180522202140p:plain

日本では餃子=ニンニクっていうくらい当たり前に入っているものなのに本場の餃子に入っていないなんて面白いですよね。

餃子で有名な宇都宮へ餃子を食べに行ったことはありますが、これまた有名な浜松餃子は食べたことないのでいつか食べに行きたいです。

その他皆さんおすすめの餃子店や「これ入れるとおいしいよ!」という手作り餃子の具材があれば教えてください。

私のおすすめはトマトとしそです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。